【料理下手】たまご焼きの簡単アレンジ【こども大喜び!?】

子育てママの日記

こんにちは、さつきです。

子供たちのお弁当にいれるおかずの定番というと、「たまご焼き」ですね。

たまご焼きなしのお弁当は考えられないぐらいです。

ママは料理が苦手で、唯一自身がある料理と言えば、たまご焼きです。

(料理というまでもないでしょうか。)

 

シンプルに何も入れてないたまご焼きの方が多いですが、

何かアレンジが欲しくてまたしてもYoutube先生に頼ります。

 

その中で料理下手人間でもできるそれっぽい料理に見える2種類を紹介します。

  • 「海苔たまご焼き」
  • 「カニカマたまご焼き」

「海苔たまご焼き」は名の通りたまご焼きの中に海苔を入れます。

入れる海苔のサイズによって、渦巻きの形も変わります。

ただ、海苔を入れすぎると見た目は可愛いですが、食べにくく3歳ちゃんはちぎれなく怒ります。

 

「カニカマたまご焼き」はカニカマをちぎっていれるか、

まるごと入れるかによってまた色の変化を楽しめます。

まずちぎってたまごと一緒に混ぜ混ぜして焼くパターンですが、

ほんのりピンク色が見えて可愛いです。

 

カニカマをまるごと入れる場合、

海苔と同じように真ん中にそのままカニカマを寝かします。

寝かす位置によって、切った断面でカニカマが上に行ったり、下に行ったりとバラバラですが、

「宇宙人のお目目だね」

と言ってあげれば、こども達も納得します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました